9月定例議会

財政の健全化・効率的な運営と監査委員から高い評価
まちづくりの基本となる総合計画策定に、特別委員会を議会に設置

市長選挙も終わり、松丸市政の2期目となります。市民の皆様からは実績が評価されてのことと思われます。市長と議会は、車の両輪と言われますが、その中でもしっかりと緊張関係を作り、市民の声を市政に届けていきたいと思います。

9月定例議会報告

令和2年9月定例会は、8月31日から9月18日までの19日間の会期で開催しました。

9月議会は決算議会
議会に特別委員会をつくり、前年度の決算を調査・認定し、次年度の予算や行革につなげていきます。本会議の議案説明には、代表監査委員の意見陳述もありました。財政の健全化、効率的な運営、自立できる自治体への努力など監査員から、高い評価を受けました。
この年、守谷市は国から地方交付税を受けずに財政運営を行いました。茨城県では、つくば市・神栖市・東海村・守谷市の4つが不交付団体でした。
提出案件は、守谷市健全化判断比率など報告案4件。人権擁護委員候補者の推薦についての諮問3件。議案は、令和元年度守谷市一般会計歳入歳出決算認定、同じく特別会計・企業会計の決算認定、条例の改正、工事請負契約、補正予算など24件。決算は全て認定、その他の議案など全て可決。

「総合計画特別委員会」の設置
守谷市総合計画策定にあたり、議会として計画策定段階から積極的に関わるため「総合計画特別委員会」の設置について議員提案され可決されました。

工事請負契約の締結について
守谷市立郷州小学校校舎改修及びエレベーター棟増築建築工事661,331千円
工事期間は,令和2年9月から令和4年2月末までを予定
守谷市立黒内小学校校舎増築・改修建築工事
709,500千円
工事期間は,令和2年9月から令和4年2月末までを予定

令和2年度守谷市一般会計補正予算
歳入歳出それぞれ15億6,335万5千円の増額
歳出の主なもの

まちづくり協議会車両リース(お買い物サポート) 3,225千円

庁舎施設維持管理事務(駐車場用地買収代など)238,807千円

ふるさとづくり寄付金事業の増額(返礼品など)395,340千円

障がい者自立支援給付事業(放課後等ディサービス支援事業)26,276千円

地域医療介護総合確保基金事業の増額(老人福祉施設開設準備)96,485千円

小学校・中学校ICT環境整備事業の増額(ネットワーク整備、備品購入)
小学校:302,944千円 中学校:134,074千円